WTC について

WTC = ワイヤレスタイムコード とは

WTC = ワイヤレスタイムコード

WTC = ワイヤレスタイムコード は、映像や音響機器の同期および編集に必要となる SMPTE タイムコードの伝送を RF (Radio Frequency)  通信により、ワイヤレス化します。

タイムコードの分配が必要なマルチカメラ収録、同録が必要なドラマや映画撮影、DSLR や GoPro を用いる収録現場で、煩わしいケーブル接続を排除し、簡単、確実にタイムコードを同期することができます。

タイムコードをワイヤレス (無線) 環境で

Timecode Systems

Timecode Systems 社は、ビデオやサウンドの同期および編集に必要となる SMPTE タイムコードの伝送を RF 通信によりワイヤレス化する小型デバイスを開発しています。


送信機となる 1台の親機から、受信機能を備える複数台の子機にワイヤレスで完全に同期したタイムコードを伝送することができ、今まで有線接続でなければ得られなかった精度の高いタイムコードを無線接続により対応デバイス間で伝送することが可能です。

多様な環境で高精度なタイムコード同期

複数台のカメラ同期はもちろん、フィールド収録におけるカメラと音声レコーダーの同期など、収録機器のデジタル化とファイルベース化がすすんだ現在においても、タイムコードが果たすべき役割は重要です。

映画やライブ、ドキュメンタリーなど、精度の高い映像編集と MA を行うシーンに求められるゆるぎなく高い精度の時間軸を「Timecode Systems」が提供します。

RF (Radio Frequency) によるタイムコードの同期・伝送

RF によるワイヤレス通信

Timecode Systems は、RF (Radio Frequency) により送信機/受信機間のワイヤレス通信を行い、正確なタイムコードを同期・伝送します。通信には Wi-Fi の様な一般化した電波帯域ではなく、「920MHz 帯近距離無線」と呼ばれ ARIB 標準規格を取得する 920.6 〜 923MHz の 14バンドを使用します。
 

電波の飛びやすさと、省電力で安定した通信が行えるこの帯域は、ワイヤレスマイクや照明機器など他の電波使用機器とも干渉し難いため、様々なシーンにおいて安心して Timecode Systems 製品をお使いいただくことができます。
 

また、この帯域は電波の届く範囲が Wi-Fi に比べて圧倒的に広く、周囲の状況により異なりますが、製品間の通信 (タイムコード同期) を見通しの良い場所で 約 200m 程度まで伸ばすことができます。

ARIB 標準規格を取得する 920.6 〜 923MHz の 14バンド
 

電波の飛びやすさと、省電力で安定した通信が行える帯域
 

ワイヤレスマイクや照明機器など他の電波使用機器とも干渉しにくい

RFネットワークと BLINKネットワーク

Timecode Systems の RF によるワイヤレス通信は、RFネットワーク上で行われます。RFネットワークとは、同じ無線周波数 (RFチャンネル) 上で通信するよう設定された全Timecode Systemsデバイスのグループです。

​また、リモート制御およびリモート監視機能を追加したRF ネットワークである、 BLINKネットワークがあります。

RF ネットワーク

RFネットワークとは、同じ無線周波数 (RFチャンネル) 上で通信するよう設定された全Timecode Systemsデバイスのグループです。

RFネットワーク内のデバイス は、約 200m* (内部アンテナを使用する場合) の距離まで相互に同期することができ、Timecode Systems社独自のRFプロトコルを使って通信します。

 

このネットワークでは、デバイスの1つを親機(マスター)として設定し、その他を子機(スレーブ)として設定する必要があります。

親機(マスター)は、以下のデータを RF 経由で子機(スレーブ)に送信します :

  • タイムコード

  • 1秒あたりのフレーム数

  • ユーザービット(メタデータ)

親機(マスター)がデータを受け取ると、子機(スレーブ)内の設定は親機(マスター)に合わせるように更新され、同期します。

​親機

​子機

​子機

​子機

BLINK ネットワーク

BLINKネットワークとは、リモート制御およびリモート監視機能を追加したRF ネットワークです。

追加機能は、無料の BLINK Hubアプリケーションにより提供されます。

コンピューター、タブレット、スマートフォンに BLINK Hubアプリケーションをインストールし、一部の Timecode Systems製品のリモート監視とリモート制御することができます。

但しBLINKネットワークでの親機は、:pulse である必要があります。

また、親機は Wi-Fi または イーサネットを経由して、BLINK Hub に接続しますが、親機と子機の通信は、通常のRFネットワークです。

​親機

​子機

​子機

​子機

BLINK とは

BLINK は、Timecode Systems 社のワイヤレスによる長距離同期、コントロール、およびメタデータ交換のためのプロトコルです。

親機(マスター)と子機(スレーブ)の関係

RF 親機(マスター)

親機から子機へタイムコードを伝送

Timecode Systems は、親機から子機へタイムコードをワイヤレス (RF 通信) で伝送します。RF 親機は、基地局にある外部ジェネレーターから有線で入力されるタイムコード、あるいは内部でジェネレートするタイムコードをワイヤレス化して発信することができます。

RF 子機(スレーブ)

親機からの電波を受信して内部タイムコードを同期

RF 子機は RF 親機から発信される電波を受信して内部タイムコードを同期させ、有線でタイムコードを出力します。RF 子機をカメラなどに装着し、子機から出力されるタイムコードをカメラのタイムコードソースとして利用します。

1台の親機に対する子機の台数

共有台数は無制限に拡張可能

1台の親機に対して子機を台数制限なく増やすことができるので、例えばマルチカメラ収録などで使用すれば、複数台のカメラタイムコードを基地局にあるタイムコードジェネレーターと完全に、しかもワイヤレスに同期させることができます。

Timecode Systems 社について

Timecode Systems 社は、タイムコードに関するハードウェアとソフトウェアのソリューションを開発製造し、マルチカメラ収録、テレビ撮影、360° VR 撮影を行った際の、収録、ログ、検索、同期を簡易化しています。

スタジオで 1 台のカメラで撮影する場合、ロケでマルチカメラを使用する場合、複数台のウェアラブルカメラやミニカメラで撮影する場合、または VR リグに取り付けた GoPro カメラを使用する場合のいずれでも、Timecode Systems 社の製品を一緒に利用可能です。

ビデオとオーディオの同期、メタデータ共有、マルチプラットフォームの無料アプリケーション BLINK Hub 経由の遠隔制御といった密接なワイヤレスワークフローソリューションを制作チームに提供します。

※ 株式会社アスクが取り扱う全ての Timecode Systems 製品は、
技術基準適合証明取得済みのため、国内で使用する際に免許や申請の必要はありません。
 

タイムコード同期を

WTCで

Copyright © 2018 ASK Corporation. All rights reserved.

mail-icon.png