BLINK とは

BLINK は、Timecode Systems 社が開発した、ワイヤレスによる長距離同期、コントロール、およびメタデータ交換のためのプロトコルです。

Timecode Systems 社の製品は、BLINK を使用したRF ネットワーク ( BLINK ネットワーク) により 、

WTC (ワイヤレスタイムコード) を実現します。

  • 1台の BLINK 親機 (RF 親機) に対して、撮影セットで複数の BLINK 子機 (RF 子機)で受信可能
     

  • :pulse を BLINK 親機 として使用
     

  • 865MHz 〜 923MHz の RF (Radio Frequency) 信号による長距離伝送
     

  • BLINK Hub アプリにより、一箇所からすべてをモニタリングしコントロール

WTC(ワイヤレスタイムコード)Timecode Systems について、詳細は下記リンクよりご参照ください。

BLINK ネットワーク

BLINK ネットワークとは

BLINK Hub アプリを活用してリモート制御と監視機能を追加したRF ネットワーク

Timecode Systems の RF (Radio Frequency) によるワイヤレス通信は、RFネットワーク上で行われます。RFネットワークとは、同じ無線周波数 (RFチャンネル) 上で通信するよう設定された全Timecode Systemsデバイスのグループです。

​BLINK ネットワークとは、 BLINK を使用した RF ネットワークです。BLINK Hub アプリ によりリモート制御およびリモート監視機能を追加することができます。

RF ネットワーク について、詳細は下記リンクよりご参照ください。

RFネットワークでワイヤレス同期

RFネットワークを活用したワイヤレスタイムコード同期には異なる 2 種類があります。 :

RFネットワーク

BLINKネットワーク

親機(マスター)と子機(スレーブ)

RFネットワーク内では、1台のデバイスを親機(マスター)として 動作するように設定し、他のデバイスを子機(スレーブ)として動作するように設定する必要があります。

​BLINK ネットワークの設定

  1. BLINK 親機 (マスター) と BLINK 子機 (スレーブ) を同じ RF チャンネルに設定します。
     

  2. BLINK マスター機の Wi-Fi を有効にし、その Wi-Fi に Blink Hub app を使用して接続します。
     

  3. すべての BLINK 子機がアプリケーション内のドロップダウンリストに現れます。
     

  4. 1cm も移動することなく、すべてのデバイスをワイヤレスでコントロールでき、ステータスも確認できます。

BLINK Hub

Wi-Fi or Ethnet

:Pulse

親機(マスター)

RF CH 1

RF 通信

子機(スレーブ)

子機(スレーブ)

子機(スレーブ)

子機(スレーブ)

親機と同じ RF CH 1 

BLINK ネットワーク対応の WTC 製品

BLINK 親機

:Pulse

:pulse は、ワイヤレス同期 ワークフローの中心的な存在になります。 タイムコードとメタデータの ハブとしてマルチカム収録時のデバイスコントロールセンターです。

BLINK 親機に対応

BLINK Hub

BLINK Hubアプリケーションは、:pulseと Wi-Fiまたはイーサネットを経由して通信します。
リモート制御と監視に使用することができます。

BLINK 子機

UltraSync ONE

高精度タイムコードジェネレータと、マルチチャンネルデジタル受信機を兼ね備えた超小型且つ軽量デバイスです。

SyncBack PRO

無線周波数 (RF) 長距離通信により、複数台の GoPro のタイムコードをワイヤレスで同期することができます。

UltraSync BLUE

Bluetooth® 経由でタイムコードを同期させることが可能です。サブフレーム単位の正確なタイムコードを収録デバイスに送信します。

BLINK Hub

最大 500m (直線視認距離) の

デバイスコントロール & モニタリング

制作用ダッシュボード&デバイス制御アプリ

BLINK Hub アプリケーションは、 スマートフォン、タブレット端末またはPCから、複数の Timecode Systems 製デバイスや互換性のあるカメラおよび音声収録機にアクセスし、それらの機器を遠隔操作により表示、監視、および制御できます。

これにより、複数台のカメラを使用する複雑な 環境においても、映像、音声、タイムコードを一括して 同期することができます。

  • BLINK 対応の TCS 製デバイスを表示、監視、制御

  • あらゆるスマートフォン(iOS また Android)、 タブレット端末、Mac®またはPCに対応

  • TCS製デバイス「:pulse」を使ってリモートアクセス

  • 互換性のあるカメラおよび音声収録機で収録の 開始と停止、制御が可能

BLINK Hub - アプリケーションのクイックツアー

タイムコードとメタデータのハブ

iPhone や iPad から BLINK マスター機には、

Wi-Fi 経由ですぐに接続されます。

一度ローカルの Wi-Fi に接続された後は、簡単にすべての BLINK スレーブ機をリモートビューで確認できます。

このアプリケーションを使用して、各デバイス を区別するために User Name をつけたり、User Bit や同期出力などの設定を行えます。

タイムコード同期を

WTCで

 

Copyright © 2018 ASK Corporation. All rights reserved.

mail-icon.png