UltraSync ONE

小さなサイズで大規模に同期

 

UltraSync ONE

Think big. Sync small.

UltraSync ONE は全く新しい水準の可搬性、汎用性、ワイヤレス同期のコントロール能力をもたらします。

超小型且つ軽量で、OLED ディスプレイを搭載しています。カメラはフィルムカメラや DSLR で使用していても、通常フォーマットあるいは 360°VR で撮影していても、マルチカメラワークフローの中の一部として堅牢な同期ソリューションを提供します。

  • 1 回の充電で、25 時間以上のバッテリー寿命

  • 55mm x 44mm x 17mm の小型設計、重量 39g

  • 本体内にダイバーシティアンテナを搭載

  • 全シンクモード – タイムコード、ゲンロック、ワードクロック

  • 親機(マスタータイムコードの生成)、あるいは子機として使用

  • 外部 LTC ソースにジャムまたはスレーブ

  • RF通信で長距離における同期(約200m)

  • フラッグシップモデルの「:pulse」を使用してBLINK Hubと 接続することで、ワイヤレスモニタリングとコントロールが可能

同梱品

UltraSync ONE ユニット

USB C 充電ケーブル (ファームウェアアップデートにも使用)

ミニ同軸 → RA BNC 変換ケーブル (青色) : LTC 用

ミニ同軸 → RA BNC 変換ケーブル (赤色) : ゲンロック用

製品の詳細と設定情報については、製品マニュアルをダウンロードしてください。

サイズ

55mm x 44mm x 17mm

重量

39g

電力

1回の充電で25時間連続稼働

BLINK

BLINK RF 範囲内のユニット間で情報をやり取り

BLINK Hub

BLINK Hub app から

モニタリングとコントロール

Data ポート

DIN 1.0/2.3コネクタ

通信範囲

約 200m

USB-C

ファームウェアのアップデートと外部電力供給に使用

同期モード

LTC タイムコード、ゲンロック、ワールドクロック

ディスプレイ

128 × 32 ピクセル OLED ディスプレイ

フレームレート

23.98、24.00、25.00、30.0D、30.00、29.97D、29.97

周波数

865.050MHz から 923.200MHz

 

UltraSync ONE は、タイムコードのマスター機にもスレーブ機にも設定可能です。ハウスシンク用や中継車向けにジャムシンクのタイムコードを利用することもできます。どんな場面で使用しても UltraSync ONE の効果は絶大です。ロケ先でデジタル一眼レフカメラを使うときにも、スタジオで業務向けのカメラを使うときにも、VR リグで 360° 撮影をするときにも利用可能です。UltraSync ONE は、堅牢性の高いソリューションです。初期設定の周波数が使用できない場合にも、空きのあるサブ GHz 帯の周波数を使用することで、最大 200m の範囲内で確実に同期が行えます。

BLINK Hub でよりスマートな作業

BLINK Hub app と BLINK 対応のマスター機を接続すると、スマートフォン、タブレット、Mac 上からネットワーク内の全ての UltraSync ONE のステータス確認、コントロール、設定の変更が行なえます。

Copyright © 2018 ASK Corporation. All rights reserved.

mail-icon.png