GoPro​ 収録ソリューション

GoPro でタイムコード同期

WTC = ワイヤレスタイムコードで GoPro 収録

WTC = ワイヤレスタイムコード は、ビデオやサウンドの同期および編集に必要となる SMPTE タイムコードの伝送を RF 通信により、ワイヤレス化します。
 

タイムコードの分配が必要なマルチカメラ収録、同録が必要なドラマや映画撮影、DSLR や GoPro を用いる収録現場で、煩わしいケーブル接続を排除し、簡単、確実にタイムコードを同期することができます。

WTC により、複数の GoPro やあらゆる業務用のカメラやオーディオ機器とワイヤレスでタイムコードを同期できるようになります。

tcs-solution-GoPro-top-image.jpg
tcb_sys_secondary_trans_logo.png
a.jpg
ensemble.png

Timecode Systems社のワイヤレスタイムコード同期システム

Timecode Systems 社は、ビデオやサウンドの同期および編集に必要となる SMPTE タイムコードの伝送を RF (Radio Frequency) 通信によりワイヤレス化する小型デバイスを開発しています。


送信機となる 1台の親機から、受信機能を備える複数台の子機にワイヤレスで完全に同期したタイムコードを伝送することができ、今まで有線接続でなければ得られなかった精度の高いタイムコードを無線接続により対応デバイス間で伝送することが可能です。

GoPro を WTC 化 

GoPro SOLUTION

WTC = ワイヤレスタイムコード とは

WTC = ワイヤレスタイムコード

WTC = ワイヤレスタイムコード は、ビデオやサウンドの同期および編集に必要となる SMPTE タイムコードの伝送を RF (Radio Frequency)  通信により、ワイヤレス化します。

RF によるワイヤレス通信は、RFネットワーク上で行われます。

親機(サーバ)から子機(クライアント)へタイムコードをワイヤレス (RF 通信) で伝送します。

camera-b-100x100.png
phone-b-100x100.png
dslr-b-100x100.png
gopro-b-100x100.png
audio-b-100x100.png
vr-b-100x100.png

RF (Radio Frequency)  通信

RF 通信は Wi-Fi の様な一般化した電波帯域ではなく、「920MHz 帯近距離無線」と呼ばれ、電波の届く範囲が Wi-Fi に比べて圧倒的に広く、製品間の通信 (タイムコード同期) を見通しの良い場所で 約 200m 程度まで伸ばすことができます。

ARIB 標準規格を取得する 920.6 〜 923MHz の 14バンド
 

電波の飛びやすさと、省電力で安定した通信が行える帯域
 

ワイヤレスマイクや照明機器など他の電波使用機器とも干渉しにくい

RFネットワークでワイヤレス同期

RFネットワークを活用したワイヤレスタイムコード同期には異なる 2 種類があります。 :

RFネットワーク

BLINKネットワーク

親機(マスター)と子機(スレーブ)

RFネットワーク内では、1台のデバイスを親機(サーバ)として 動作するように設定し、他のデバイスを子機(クライアント)として動作するように設定する必要があります。

WTC による GoPro 収録ソリューション

WTC は 2 種類の RF ネットワークにより、カメラやサウンドデバイスのタイムコードをワイヤレスで同期することができます。

RRFネットワークは、「シンプルで簡単」
BLINK ネットワークは、「よりプロフェッショナル、リモート制御や監視機能がが追加」

RF ネットワークによる

マルチカメラ同期

SyncBac PRO による、

シンプルな GoPro 収録ソリューション

親機(サーバ)

hero5-300x300-noshadow.png

子機(クライアント)

RF チャンネル

CH1

RF チャンネル

CH1

hero5-300x300-noshadow.png

子機(クライアント)

RF チャンネル

CH1

hero5-300x300-noshadow.png

子機(クライアント)

RF チャンネル

CH1

BLINKLogowhite.png

WTC 製品のワークフロー

  1. タイムコードのメインとなる GoPro カメラに、SyncBack PRO を接続して、「親機(マスター)」に設定します。このユニットは、撮影に使用するタイムコードを生成します。
     

  2. 同期させる GoPro カメラに SyncBack PRO を接続します。「親機(マスター)」と同じRFチャネルを使用して「子機(スレーブ)」として設定します。
     

  3. WTC によりすべてのソースに正確なタイムコードが共有され、同期します。

ソリューション対応の WTC 製品

hero5-300x300.png

SyncBack PRO

無線周波数 (RF) 長距離通信により、複数台の GoPro のタイムコードをワイヤレスで同期することができます。

BLINK ネットワークによる

マルチカメラ同期

BLINK Hub アプリを活用してリモート制御と監視機能を追加したRF ネットワーク

blinkmacbook-1280x775.png

BLINK Hub

pulse_slider_001.png

Wi-Fi or Ethnet

:Pulse

親機(サーバ)

hero5-300x300-noshadow.png

子機(クライアント)

RF 通信

hero5-300x300-noshadow.png

子機(クライアント)

hero5-300x300-noshadow.png

子機(クライアント)

BLINKLogowhite.png

WTC 製品のワークフロー

  1. タイムコードのメインとなるデバイスに、:pulse を接続して、「親機(サーバ)」に設定します。このユニットは、撮影に使用するタイムコードを生成します。
     

  2. 同期させる全ての GoPro カメラに SyncBack PRO を接続します。
     「親機(サーバ)」と同じRFチャネルを使用して「子機(クライアント)」として設定します。

     

  3. WTC によりすべてのソースに正確なタイムコードが共有され、同期します。

GoPro 、カメラ、サウンドデバイスと同期

​マルチカメラ収録ソリューション

GoPro カメラとあらゆるカメラやサウンドデバイスで、タイムコード同期が可能です。

gopro-b-100x100.png
camera-b-100x100.png
dslr-b-100x100.png
audio-b-100x100.png

 ソリューション対応の WTC 製品

pulse_slider_001.png

:Pulse

:pulse は、ワイヤレス同期 ワークフローの中心的な存在になります。 タイムコードとメタデータの ハブとしてマルチカム収録時のデバイスコントロールセンターです。

hero5-300x300.png

SyncBack PRO

無線周波数 (RF) 長距離通信により、複数台の GoPro のタイムコードをワイヤレスで同期することができます。

blinkmacbook-1280x775.png

BLINK Hub

BLINK Hubアプリケーションは、:pulseと Wi-Fiまたはイーサネットを経由して通信します。リモート制御と監視に使用することができます。

WTC ができること

WTC SOLUTION